アボカドをわさび醤油で食べると中トロの風味

焼き魚のように焼くだけとか、刺し身みたいにそのまま食べるとか、
もっとシンプルなものを探していると、アボカドを見つけました。

アボカドは、サラダのイメージがありますが、
わさび醤油で食べると、マグロのトロを食べているかのような感じがします。

アボカド
 
 
 
アボカドとわさび醤油と酎ハイ

アボカドの食べごろは、皮の色が赤みが強くなり、
表面を押してみるとブヨブヨ感があって柔らかいなと思った時が一番良いです。

アボカドは、コレステロール値を下げ、血液をサラサラにする効果があります。
お酒が好きな私は、つまみにしています。
今までの脂っこいつまみよりは断然良いと思います。





 

アボカドとわさび醤油 レシピ

 

 
アボカド 1個
わさび
刺し身醤油

 

 
1.アボカドが食べごろになるのを待つ。
食べごろは、実の全体が赤黒くなり、触ると柔らかくなっているときが一番良い。

2.アボカドは真ん中に種があるので、皮ごと縦に包丁を静かに入れて、
種に当たったら、種は切らずに種の周りに沿うように包丁を回して縦に切れ目が
入るようにする。

3.種に包丁を少し強めにさし食い込ませて、種ごとぐりぐりして、アボカドを半分に割る。
無理な場合は包丁を置いて、両手でビンのフタを開けるように回す。

4.割れたら皮は切らずに、実の部分に縦、横と食べやすい大きさに包丁で切れ目を入れる。

5.切れ目を入れたら、手で皮をもって、皮と実の間に指を入れると実が剥がれていく。

6.実を剥がしてお皿に入れて、わさび醤油を作れば完成。