油揚げで豆腐を包んで砂糖醤油で煮てみた

夜の10時ぐらいにスーパーの総菜コーナーに行くと、
唐揚げや弁当が半額になっていて、ついつい多く買ってしまう。

それによって、健康のためと思って買っておいた木綿豆腐が賞味期限切れになった。
6日過ぎたけどまだ食べられそう。

だけど、火を通した方が良いと思うので、
豆腐で火を通すとなると、肉豆腐ぐらいしか思い浮かばない。

味付けは、砂糖醤油にするとして、
油揚げの中に豆腐を入れて煮たらどうか?

で、やってみたのがこんな感じ。

油揚げ包み豆腐とビール

これはきつね揚げより少しボリュームがあり、
少しづつゆっくり食べられるので、酒のつまみにはぴったり。

木綿豆腐だと揚げに包んでも崩れにくいので、木綿豆腐のほうが良い。
 

油揚げ包み豆腐 レシピ

 

木綿豆腐
油揚げ
砂糖
醤油
粉末ダシ

 

1.油揚げを切り、広げる。

2.広げた油揚げの中に入るように、木綿豆腐を切る。

3.切った木綿豆腐を油揚げの中に入れる。
こんな感じ。

油揚げ包み豆腐

4.フライパンに油を入れて、フライパンを温める。

5.3で作ったものを入れ、表裏を軽く炒める。

6.お椀に砂糖、しょうゆ、水、粉末ダシを入れて、味見しておく。

7.5が終わったら、6をフライパンに入れて煮る。

8.油揚げと豆腐に6が浸み込み色がきつね色になったら完成。

 

<ポイント>
・6で作る量は、豆腐が約3分の1の高さまでつかるぐらいにする。
醤油と水の量を調整しながら、砂糖と粉末ダシを入れて味も調整しておく。
・8では少し汁が残るぐらいにしておくと、食べている間にも浸み込んでいくので、良い感じになる。