ベーコンを使ったゴーヤチャンプル

ゴーヤが安かったので、ゴーヤチャンプルにトライしてみる。

ゴーヤは色によって苦みがかなり変わる。
苦みに深みがありおいしいのは、緑が濃いもの。
そして表面のいぼいぼが、はっきりしているものが良い。

反対に、明るい緑色のものは、まだ熟れていないような、
青臭い風味が強い。
選ぶなら、濃い緑色のものを選ぼう。

具材の肉は、沖縄ではスパムを使うらしい。
しかし、スパムは少し高いので、代わりにベーコンを使用した。
完成はこんな感じ。

ゴーヤチャンプル

ゴーヤは結構、栄養があって、焼酎と食べると苦みが癖になる。
次は、ベーコンをソーセージなどに変えて作ってみようと思う。
 

ベーコンゴーヤチャンプル レシピ

 

ベーコン
ゴーヤ
厚揚げ

<調味料>

コショウ
粉末状のダシの素
醤油

 

1.ゴーヤーを縦長の半分に切り、中の種や綿を手やスプーンで取る。
2.取り除いたら、全体に塩を刷り込み、5分~10分放置する。
3.時間がたったら、ゴーヤを輪切りに切り、ベーコンと厚揚げも1口サイズに切る。
4.卵を先に溶いておき、その中に粉末状のダシの素を入れてよくかき混ぜておく。
5.フライパンに油をひき、中火でフライパンを温める。
6.温まったら、ゴーヤを炒める。
7.ゴーヤを2,3分炒めたら、ソーセージと厚揚げを入れて、塩、コショウと少し醤油を入れて、更に1分ぐらい炒める。
8.4で作ったものをフライパン全体にかかるように回しながら入れる。
9.ここで火を強火にして、卵がふんわり固まるまで炒めたら完成。

 

<ポイント>
・2では、ゴーヤーの青臭さを和らげるのでやること。
・4では、先に入れておいたほうが味がまんべんなく混ざる。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク