家事の時短になる宅配食のメリット・デメリットを解説

宅配食のメリット・デメリット

宅配食とは、基本的には約一週間分(5~7食分)の主菜と副菜のセットを、
宅配で届けてくれるサービスです。
メニューも和食や洋食、中華、そして体のことを考えたカロリーや、
塩分を抑えたメニューもあります。

働きながら食事のための買い物や料理などを毎日していると気が滅入ってしまって、
何事にもやる気が無くなってくるかもしれません。
手を抜くために、コンビニ弁当や外食で済ませることでも良いですが、
長く続けると栄養バランスとしては良くありません。

そのような時に、
栄養バランスが考えられていて、宅配で持って来てもらえる宅配食がおすすめです。
 

宅配食の最大のメリットは、

・買い物や料理、後片付けの時間を大幅に削減できる
・栄養バランスがある食事ができる

ことにあります。

ただ、メリットばかりではなく、デメリットも感じましたので、
宅配食を利用しようと検討している方の参考になればと、
私が思うメリット・デメリットをまとめてみました。
 
 

 




 

1.宅配食のメリット

 
宅配食のメリットは、主に以下の項目が挙げられます。

・買い物や料理の時間を削減できる。
・栄養バランスが良い食事ができる。
・ダイエットや塩分制限の食事ができる。
・お酒のつまみにすることもできる。

それでは各項目について解説していきます。
 

買い物や料理の時間を削減できる。

買い物風景
料理を作るためには、どのような時間が必要かというと、

 ・買い物に行く時間
 ・献立を考える時間
 ・料理を作る時間
 ・後片付けの時間
があります。

一番頭が痛いのが2番目の献立を考えることだと思いますが、
毎日のこととなると、かなりの労力が必要になります。

一人暮らしの場合は、これらの時間を合計すると、
約3時間15分(買い物:約2時間、料理:約1時間、後片付け:約15分)ぐらいになります。

宅配食を活用すると、
先ほど挙げた時間が全て削減でき食事にかかっていた負担もなくなります。

 
 

栄養バランスが良い食事ができる。

さまざまな野菜
料理を作るためには、まず献立を考える必要がありますが、
栄養バランスのことを考えると更に頭が痛くなります。
宅配食なら管理栄養士によって栄養バランスが考えられていますので、自分に合ったメニューを選ぶことができます。
 

ダイエットや塩分制限の食事ができる

 
献立を考える時にカロリー量や塩分量を考えることも面倒だと思います。
宅配食では、カロリー量や塩分量を考えたメニューがあるので便利です。
 
 

お酒のつまみにすることができる。

 
宅配食には、ご飯や味噌汁が付いていません。
そこをメリットと考えると、
宅配食のカロリーや塩分、糖質を抑えたメニューがお酒のつまみとして便利です。
自分でつまみを買うと、揚げ物やお菓子など肥満になりやすい食べ物ばかりになりますので、
健康的な宅配食を利用することでカロリーや塩分、糖質の取りすぎを防ぐことができます。
1度に大量のお酒を飲むこと自体、体に良くありませんが、
せめてつまみだけでも健康的なものを選ぶと良いと思います。

  
 




 

2.宅配食のデメリット

 
宅配食は、メリットばかりではなく以下のようなデメリットもあります。
 

・配送料によっては割高感がある。
・メニューが固定している。
・ご飯や味噌汁を準備する必要がある。
・注文から自宅に届くまでに1か月以上かかる場合がある。
・冷蔵庫や電子レンジが必要。

 
それでは、各項目について解説していきます。
 

配送料によっては割高感がある。

配送料がかかるので、少し割高に感じてしまいます。
更に北海道や沖縄になると更に高くなります。
しかし、お試しセットなどで初回送料無料のものもありますので、
一度試したいと思っている方にはお試しセットがお薦めです。
ちなみに、まごころケア食は、全て送料無料になっています。
 

注文から自宅に届くまでに1か月以上かかる場合がある。

 
季節限定など人気なメニューは、注文してから1カ月以上かかる場合があります。
 
 

メニューが固定している。

 
宅配食を購入する時に、ある程度自分で好きな物を選択したいと思うのですが、
メニューが週替わりでしか選択できない宅配食もあります。
ですので、選択の自由が無いような感じを受けてしまうかもしれません。
ただ、メニューが豊富で1品料理から選択できる宅配食サービスもあるので、
どのサービスを利用するかは比較してみると良い
です。
 
 

ご飯や味噌汁を準備する必要がある。

宅配食は、基本的におかずのみなので、ご飯や味噌汁は自分で準備する必要があります。
ですので、ご飯や味噌汁は、少し時間に余裕があれば自分で簡単に作れますし、
それも面倒であればスーパーやコンビニで購入する必要があります。
また、宅配食サービスによって、ご飯や味噌汁をオプションで付けることもできます。

 

冷蔵庫や電子レンジが必要。

宅配食の保存は、冷蔵や冷凍する必要があるので、冷蔵庫が必要です。
また、温めるために電子レンジが必要になります。
冷蔵庫は、ほとんど持っていると思いますが、
電子レンジは必要ないと思って、持っていない方もいるかもしれません。
 

3.まとめ

 
宅配食のメリットやデメリットを解説してきましたが如何だったでしょうか?

特に、

・共働きで時間が無い方
・一人暮らしで自炊をする時間が無い方
・栄養が偏りがちだと思っている方

には、
宅配食を活用すると便利さが体験できると思います。
宅配食を利用することで、料理の時間が大幅に削減でき負担がなくなりますので、
お試しセットなどで、一度宅配食を利用してみては如何でしょうか?